• Japan

SEO戦略の背後にある心理学

更新日:9月29日

Japanese Edition




心理学とSEOはどのようにリンクされているのでしょうか?

SEOという用語は、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、検索エンジンの結果を通じてWebサイトへのトラフィックを増やすために使用される手法です。 つまり、SEO戦略を使用して、ターゲットオーディエンスにリーチし、訪問者回数を増やすことができます。被リンク、マーケティング、キーワードがすべてのように見えるかもしれませんが、実際には、さまざまな心理学が混在しています。

心理学は、私たちの行動、感情、思考、経験を通して人間の精神を理解することを目的とした科学です。 Webマーケティング戦略を拡大および改善するには、クライアントのニーズ、希望、経験を理解する必要もあります。したがって、あなたのチームがあなたのビジネス/ウェブサイトのSEOとデジタルマーケティング計画をたてる時、理想的なクライアントである人の心理的プロファイルを参考にしてください。年齢、住居、収入などの人口統計学的側面に留意しましょう。

次に、それらのタイプの人々がデジタル空間を閲覧しているときに、何をどの様に検索するかを考えます。また仮想ネットワークなどを使用しているかも検討した方が良いです。VPNとは現地サイトをローカライズして回覧できるアプリケーションですので、これを”行動”として捉えることも重要です。マーケティングは、心の奥に潜んでいる顧客のニーズを満たす方法を知ることでもあり、「●●ようなタイプの人々はどのようなWebサイトを検索しているのか」、「どの製品が通常注目されているのか」、「どのような記事が好まれているのか?」などを自問してください。人々のニーズと傾向を正しく特定できれば、リソースを収集、適応、使用して、ウェブサイトのオーガニックトラフィックを獲得することができます。

上で説明したように、過去にその人に影響を与えたすべての要因、背景、現在の行動を推進する要因を調べ、心理学者が患者にニーズに合わせアプローチする方法でデジタルマーケティングとSEOにアプローチする。 できるだけ本物であること–トラフィックの量だけでなく、品質にも注意を払う必要があります。訪問者がコンテンツが本物であると感じなければいけません。

ウェブサイトとマーケティングアプローチで、よく利用される決まり文句でまとめると、人々は興味を示しません。 ターゲットオーディエンスが誰であるかのスケッチができているのなら、デジタルマーケティング計画とSEOの実践をスタートさせることができます。 ウェブサイトとその中のコンテンツを構築するときは、デザインやグラフィックが訪問者の注意をすぐに引き付けるか、訪問者を遠ざける可能性があるのかに注意してください。 ドメインやオーディエンスの好みに固有のキーワードを使用する必要があるだけでなく、Webサイトをナビゲートして理解しやすくする必要もあります。 顧客やウェブサイトの訪問者は通常、特定の商品や記事を検索するときにあまり時間をかけたくないと考えています。 キーワードについて言えば、それらは重要ですが、マーケティングゲームを強化し、意識の奥の方に沈むクライアント/オーディエンスがGoogle(または他の検索エンジン)で探しているものは何かを尋ねる方法を考えてください。 これは、ロングテールキーワードと呼ばれています。これらは、人々がWebを検索するときに使用する最も一般的なフレーズです。あなたの訪問者が使用する可能性のあるフレーズのリストを作成し、あなたのネットワークマーケティング計画に含める様にしましょう。 最後に、画像、グラフィック、ビデオを使用して人目を引くコンテンツを作成します。

繰り返しになりますが、ターゲットオーディエンスのプロファイルに基づいて、ランディングページを目で楽しませるようなデザインにします。 ウェブサイトの視覚的な側面は、クライアントの注目と興味を引く必要があります。 クライアントが自分の好みや美学と一致すると判断した場合、クライアントはあなたとあなたのブランドについてもっと知りたくなるでしょう。 結論として、オンラインマーケティングマネージャーとして、ブランドとオンラインプレゼンスを構築する際には、心理学の側面を参考にして使用することが賢明です。 この記事で紹介したヒントとコツに基づいて、次のSEO戦略を効率的に計画し、ウェブサイトへのオーガニックで質の高いトラフィックを促進することがでるといえます。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示